水のトラブルが起きたらまず止水栓を閉めることを優先する

信頼できる業者を選ぶ時のポイントを紹介 信頼できる業者を選ぶ時のポイントを紹介

水があふれる水のトラブルを阻止~業者連絡の前にやっておくこと~

排水管

水のトラブルによって起きる問題は多くあります。特にマンションやアパートの場合、水漏れ等によって水があふれると下の住人にも迷惑をかける恐れがあるでしょう。ここではあふれる水を止める方法や、注意点などを紹介していきます。

トイレから水があふれるなら~止水栓を閉める~

トイレから水漏れ被害を拡大させないためにも、止水栓を閉めるようにしましょう。止水栓はだいたいトイレの横にあります。止水栓を閉めるにはマイナスドライバーを用意しなければいけません。ですから、あらかじめマイナスドライバーを入手しておきましょう。マイナスドライバーで、時計回りに回せば止水栓を閉めることができます。

止水栓を閉める時の注意点

止水栓を閉める時の注意点はありますか?
いくつかあります。まず開閉に使用するマイナスドライバーは、100円ショップで販売されているような、小さいものを使用しないでください。止水栓を見て、それに合った大きさのマイナスドライバーを用意しておきましょう。マイナスドライバーの幅は広いほうが力も入れやすく、止水栓を閉めやすいです。また止水栓を閉める時は、元の位置を覚えてから閉めるように気をつけましょう。

水があふれてくる時にしておきたい事

女性

水のトラブルが起きると、水漏れや水があふれるので床が水浸しになります。ですから、そのような時は、できるだけ電源プラグなどを遠ざけておくようにしましょう。電源プラグが水に触れると感電する恐れがあるので注意してください。

水のトラブルを自分で処置後は業者に連絡

水のトラブルが起きた際に、自分で元栓を閉めるなどの処置をしたのであれば、その後はすぐに業者に連絡を入れましょう。水道修理業者は24時間電話対応しているところもあります。そのような場所であれば、いつでも電話が繋がるので、たとえ深夜に水のトラブルが起こったとしても安心です。

TOPボタン