賃貸マンションで水のトラブルが起きた場合の対応

信頼できる業者を選ぶ時のポイントを紹介 信頼できる業者を選ぶ時のポイントを紹介

賃貸マンションで起きてしまった時の水のトラブル

業者

水のトラブルが起きた場合は、あふれた水がマンションの下の階まで漏れていかないように気をつけましょう。水漏れが発生した時点で、マンションの管理会社や大家さんに連絡をすることが肝心となってきます。ここでは水漏れが起きた時の対応方法などを紹介していきます。

管理会社と大家に連絡を入れなくてはならない

自分の部屋で水のトラブルが起きたら、まず大家や管理会社に連絡を入れる必要があります。マンションなどでは、自分の部屋から水漏れし下の階まで被害を出すと、自分が賠償しなければいけません。ですから水のトラブルが発生したら、被害を最小限に抑えるためにも、業者に頼りましょう。

水があふれるトラブルの費用は誰が負担?

トイレから水があふれるトラブルが起きています。賃貸マンションに住んでいますが、費用って自分たちで負担になりますか?
水漏れの原因が蛇口の劣化などであれば、管理会社や大家さんの負担になります。ですから、水のトラブルが起きた場合は、まず管理会社や大家さんに相談をするのが良いといえるでしょう。そうすればどちらが負担するのかを明確にすることができます。水道修理は簡単なものでも、10000円前後の費用が発生します。毎月切り詰めて生活をしているのであれば、10000円という額がとても負担の大きなものとなるでしょう。管理会社や大家さんに相談してみてると、自己負担ではなくなるかもしれません。
もし自分たちが悪かった場合は全額負担?
必ずしも自分たちが全額負担をしなければいけないという訳ではありません。多くの人は水道代が高くなることで、給水設備などの水漏れに気が付きます。まず水漏れを水道局が指定する業者に修理してもらった後に、管軸の水道局に申請をしましょう。そうすれば、支払った水道料金の一部が返ってきます。そのため、自分たちが気づかなかったから悪いということで、水道料金は必ず全額負担ということにはなりません。ちなみに、いくら戻ってくるという明確な額は決まっていないということを覚えておきましょう。

TOPボタン